安心してリフォームを行うための予備知識リフォームで多いトラブル例10選

Information
住宅リフォームの際にトラブルになりやすい事例10選

家族で喧嘩しているイメージ

家族の間で意見が割れていて決まらない

契約金額より費用がかかって追加請求された

屋根の棟板金施工のイメージ

親戚や知人に紹介された業者なので不満を伝えられなかった

外壁塗装の失敗イメージ

価格だけで決めたら、安かろう・悪かろうだった

足場の物音にクレーム

リフォームの際、近隣から騒音や通行などさまざまな「苦情」が入った

内装工事のビフォアアフター

担当者のリフォームに対する経験不足と知識不足

お引渡しのイメージ

お引き渡しの時にしっかりチェックしなかったら、後から不具合が見つかった

大手ハウスメーカーの内装イメージ

大手だからと頼んだら、杜撰でビックリした

契約書にサインのイメージ

約束通りの工事がされていなかったが、契約書がなかったので泣き寝入り

外壁塗装の色確認

仕上がりが思っていたものと違った

事前にどんなことでトラブルになるのかを
知っておけば予防できます

 リフォームを行う目的はお住まいの快適性や利便性を手に入れるためです。長く安心して住むために修理するという意味合いもあるでしょう。大きな括りで考えれば、幸せを手に入れるために行うと言っても過言ではありません。そんな幸福を手に入れるリフォームなのにトラブルになってしまうことが多々、あります。悪徳業者が度々、マスコミを賑わせることは皆様もご存知のことでしょう。
 また、リフォームは人生においてそうそう経験するものではありません。ほとんどの場合、数回程度ではないでしょうか。専門家でもない限り、多くの方が初心者なのです。事前にどんなことでトラブルになるのかを知っておけば予防できますので、安心ですよね。リフォームで起こりがちなトラブル10例をご紹介いたします。

リフォームのイメージ

第10位のトラブル
家族の間で意見割れていて決まらない

家族で喧嘩しているイメージ

リフォームローンもおすすめです

 どこをリフォームするのか、どんなリフォームをするのか、建材は何を使うのか、何色にするのか… 
 奥様と旦那様、時にはお子様も巻き込んで意見がまとまらない時があります。奥様はキッチンとお風呂をリフォームしたいと言っているのに旦那様はそれよりも屋根と外装リフォームをしたいと言っている… 実はよくあることなんです。
 このような場合、築年数と相談して、優先順位を決めてしまいましょう。築10年前後だったら、屋根や外装のリフォームを優先すべきです。現在、キッチンやお風呂に不便はあるかもしれないけど、屋根や外壁と違って雨漏りという致命的なことは起こりません。お住まいに求められる一番の機能は雨風を凌ぐことですから、そのことを念頭において優先順位を決めてください。どうしても意見が割れてしまうという場合は思い切って外も中も全部やるという方法もあります。
 現在はマイナス金利時代ですから、リフォームローンの金利も大変お得です。ローンを使うことも選択肢にいれましょう。

解決策

優先順位を決定した上で計画通りにリフォームする

ローンを使ってリフォームしたいところを全部する

第9位のトラブル
契約金額より費用がかかって追加請求された

 「屋根塗装するなら雨樋も塗装した方がよいですよ」と言われたので、見積もりに入っているものだと思っていた。いざ、工事をはじめてみたら全く塗装する気配がないので職人さんに尋ねてみると『屋根塗装だけで、他は聞いていない』と言われた。
 しっかりとした打ち合わせや見積もりを吟味しないまま、契約してしまうとこういったことが起こりえます。

請求書

 リフォームでは解体してみないとどうなっているか分からないということが多々あります。例えば屋根葺き替えなどの場合、これまでの屋根材を撤去してみないと下地や野地板がどうなっているか分かりません。  腐食していた場合、交換や補修が必要です。このような場合はどうしても追加費用がかかります。普通は担当者がそういったケースを想定して、「追加費用が発生する可能性があります」と伝えてくれますが、金額を安くして契約を取ろうとする業者はわざと伝えないこともあります。

野地板の腐食

解決策

しっかりとした打ち合わせし、その記録を残す。

見積もりを確認し、抜けがないかを確認する。

ネットなどで事前に自分がしたいリフォームについて学んでおく。

第8位のトラブル
契約金額より費用がかかって追加請求された

屋根の棟板金設置工事の様子

 家族がリフォーム会社に勤めているという方でもない限り、リフォーム会社と懇意にしているという方は少ないでしょう。ほとんどの方がネットや折り込み広告、地域紙の広告を見てリフォーム業者を探すと思います。ネットや折り込み広告にどんなに良いことが書かれていても、それが本当かどうかは確かめようがありませんよね。
 そこで親戚や知人に相談すると、知り合いの業者がいるので紹介してくれると言います。「親戚(知人)の知り合いの業者だし、騙されることはないだろう」と工事を頼むと… どうも相性というか、違和感を受けます。「親戚(知人)との仲もあるし、業者にあまり強いことは言えないなあ」と遠慮していると、満足できないリフォームに終わってしまいました。普段は心強い親戚や知人ですが、このような時はちょっと厄介になります。

解決策

できるだけ自分でリフォーム業者に関する情報を集め、検討する。

親戚や知人からリフォーム業者の評判を聞くのはよいが、
 最終的な判断と選択は自分でする。

第7位のトラブル
価格だけで決めたら、安かろう悪かろうだった

 リフォームでは解体してみないとどうなっているか分からないということが多々あります。例えば屋根葺き替えなどの場合、これまでの屋根材を撤去してみないと下地や野地板がどうなっているか分かりません。
 腐食していた場合、交換や補修が必要です。このような場合はどうしても追加費用がかかります。普通は担当者がそういったケースを想定して、「追加費用が発生する可能性があります」と伝えてくれますが、金額を安くして契約を取ろうとする業者はわざと伝えないこともあります。

外壁塗装の施工不良

解決策

工程と工期を聞いて判断材料にする

なぜ、その価格になったのかを担当者に聞く

第6位のトラブル
リフォームの際、近隣から騒音通行など
さまざまな「苦情」が入った

外装リフォーム工事の足場仮設の物音にクレーム

 屋根や外壁などのリフォームは結構な音がします。特に足場の仮設時は非常に大きな音がして遠くまで響きます。お隣さんだけでなく、ご近隣の方にもご迷惑をかけてしまうことになるでしょう。また、資材の運搬などでトラックが駐車することもあるので、通行の安全をおびやかしてしまうこともあります。ご近隣への挨拶と事前の通知が必要なのです。良い業者ならば、ご近隣への挨拶をかかしません。
 毎日とは言いませんが、工事の区切りのたびにご近隣へ挨拶に訪れ、「今日は屋根の解体をするので、音でご迷惑をかけてしまうかもしれません」、「今日は資材を運搬するので駐車している車でご迷惑をかけてしまうかもしれません」といった報告をしてくれます。業者だけでなく、施主となるご自分でも挨拶はしておいた方がよいでしょう。

解決策

ご近隣への挨拶について業者に尋ね、積極的に行ってくれるところを選ぶ

ご自分でもご近隣の方へ挨拶しておく

第5位のトラブル
担当者のリフォームに対する経験不足知識不足

 一口にお住まいのリフォームといっても幅広いですよね。屋根や外壁などの外周り、キッチンやお風呂などの水回り、床や壁といった内装、押入れやクローゼットなどの収納の改造、窓やサッシの交換、お部屋を増やしたり、減らしたりする増築と減築、バリアフリー化、耐震化などさまざまなものがあります。リフォーム会社の営業さんにもそれぞれ得意分野があります。
 内装が得意な方もいれば、外装が得意な方もいるのです。それこそベテランの営業さんともなれば、「どの分野でも全てお任せください」という方もいます。お住まいをゼロから作る新築より、今あるお住まいに合わせて変更を加えるリフォームのほうがある意味、難しいのです。最初にお問い合わせした時に『お住まいのどの部分を、どうしたいか』をしっかり伝えましょう。
 まとも業者なら、その分野を得意としている営業さんが訪問してくるはずです。

内装リフォームのビフォアアフター

解決策

最初にお問い合わせした時に『お住まいのどの部分を、どうしたいか』を
しっかり伝える

自分からリフォームする部位が得意な営業さんをお願いしますと
リクエストする

第4位のトラブル
お引き渡しの時にしっかりチェックしなかった
後から不具合が見つかった

お引渡しの不具合チェック

 工事が完了するとお施主様の立会いのもと点検し、お施主様がご納得されたらお引き渡しとなります。この時、不具合が見つからなくても後日、気になるところが出てくる場合もあります。
 例えば、屋根などは足場が仮設された状態でないと、しっかりと確認することができません。高い所が苦手という人以外は足場に上って確認の上、確認を重ねてください。ただ、この確認も天気が悪かったり、日暮れ時だったり、風が強かったりするときっちりと見ることが困難になります。天気はどうしようもありませんが、時間はこちらで指定することができます。昼間は働いているという方でも、日がある明るい時間に立ち会うようにしてください。これを行わないと後々、何年も後悔することになるかもしれません。
 施工ミスや不具合が目立たないようにわざと夕刻にお引渡しをする業者もあるようです。保証内容についても説明を受け、保証書を受け取り、きちんと保管しておきましょう。

解決策

昼間の明るい時間に点検を行い、お引渡しを完了させる

保証内容を説明してもらい、保証書を受け取って、保管する

第3位のトラブル
大手だからと頼んだら、杜撰でビックリした

 工事が完了するとお施主様の立会いのもと点検し、お施主様がご納得されたらお引き渡しとなります。この時、不具合が見つからなくても後日、気になるところが出てくる場合もあります。
 例えば、屋根などは足場が仮設された状態でないと、しっかりと確認することができません。高い所が苦手という人以外は足場に上って確認の上、確認を重ねてください。ただ、この確認も天気が悪かったり、日暮れ時だったり、風が強かったりするときっちりと見ることが困難になります。天気はどうしようもありませんが、時間はこちらで指定することができます。昼間は働いているという方でも、日がある明るい時間に立ち会うようにしてください。これを行わないと後々、何年も後悔することになるかもしれません。
 施工ミスや不具合が目立たないようにわざと夕刻にお引渡しをする業者もあるようです。保証内容についても説明を受け、保証書を受け取り、きちんと保管しておきましょう。

大手ハウスメーカーの内装リフォームイメージ

解決策

大手に頼んでも実際に施工をするのは
下請けや孫請け業者ということを理解しておく

基本的には自社物件をリフォームするためのところだと理解しておく

第2位のトラブル
約束通りの工事がされていなかったが、
契約書がなかったので泣き寝入り

契約書にサインのイメージ

 リフォームというのは結構な金額がかかります。それなのに契約書なしで工事を進めてしまう業者が未だにいます。これは業界の悪しき体質で、古くからやってる地元密着型の工務店がこのようなことをやってしまったりします。古くからやってるということはそれだけ信用があり、地元の方々に愛されているということなのですが、良くも悪くもなあなあになってしまっているのです。
 現在、お見積書や契約書はPCで作られるのが一般的ですが、ご年配の方だと「PCが苦手」と省略してしまうことも多いようです。最初のリフォームではしっかり契約書が作られたのに途中で追加のリフォームを頼んだら、契約書なしで進められたというケースもあります。  小額であっても必ず工事請負契約書を確認し、しっかりと保管しておいてください。言った、言わないの水掛け論になった時に役に立ちます。

解決策

必ず工事請負契約書を確認し、しっかりと保管する

途中で追加のリフォームを頼む場合も工事請負契約書を貰う

第1位のトラブル
仕上がりが思っていたものと違った

 屋根塗装や外壁塗装などの塗り替えリフォームや外壁の張替え、屋根葺き替えや屋根カバー工法、お部屋のクロス張り替えなどの模様替えで起こりやすいのがこのパターンです。
 外装工事では足場が仮設されており、メッシュシートで覆われていますから、正確な色は分かりません。色には面積効果というものがあり、同じ色でも狭い面積より広い面積の方が明るく見えます。 外壁のサイディングでも色が薄く見えるということも起こりえます。自分が選んだものより一段階、濃い目の色を選ぶようにすればこの問題は解決できます。外壁塗装にしても、外壁の張替えにしても、屋根葺き替えにしても、お部屋のクロスにしても、必ずサンプルを取り寄せて実際の環境で眺めるようにしてください。  外壁材や屋根材だったら、外で日向・日陰、朝夕と日中とじっくり見てみましょう。遠くから眺めてみる、近くから眺めてみるといったこともしてください。お部屋のクロスだったら、張り替えるお部屋で日中と夜、照明の下で眺めてみてください。
 面積効果の問題は残りますが、かなり正確な色選びができるはずです。

外壁塗装の色合わせ

外壁塗装完了イメージ

いかがでしたでしょうか?お住まいは一生に一度のお買いもの、あなたはもちろんのこと家族みんなの大切な宝物です。家族の思い出が詰まったお住まいをいつまでも長持ちさせてください。

必ずサンプルを取り寄せる

実際の環境で、さまざまな条件で眺めてみる

女の子のまとめ

いかがでしたでしょうか。お住まいは一生に一度のお買い物、貴方はもちろんのこと、家族みんなの大切な宝物です。家族の思い出が詰ったお住まいをいつまでも長持ちさせてください。
街の屋根やさん横浜ではめざせ親切ナンバー1をスローガンにお客様満足度の向上に努めています。
豊富な施工実績と安心の保証内容でたくさんのお客様からお喜びの声をいただいています。
サイトでは実績やお客様の声も掲載しておりますので、ぜひご参考にしてください。
http://www.yaneyasan14.net/

屋根工事のことなら街の屋根やさん横浜へ

点検・お見積り・ご相談は無料です。お気軽にご相談ください

【街の屋根やさん横浜】
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
TEL :0120-989-936FAX :0438-60-7774
E-mail : info@sharetech.co.jp